【招待状】-取り扱い用紙のご案内-

2020/06/17

招待状を作る上で必要な用紙について、お店で取り扱い種類を写真つきでご紹介します!
【招待状】-取り扱い用紙のご案内-
#手作り  #招待状  #用紙 

ペーパーアイテムってデザインは同じでも、用紙の色や素材によって雰囲気がガラッと変わるから不思議。

結婚式でペーパーアイテムはかなり大切な役割です。

手作りする時全ての素材から自分たちで選ばなくてはいけないので、イメージに合うかどうかしっかり見極めて

取捨選択していきましょう!


ということで今回は、MAKER Bridal Cafeで取り扱っている招待状に必要な用紙をズラ〜っとご紹介!

これから作りに行ってみようかな?とお考えの方に少しでも参考にしていただけますように。

①中紙

あまり聞き慣れない言葉かと思いますので簡単にご説明すると、招待状をペラッと開くと文面が印刷されている薄手の紙がありますよね??それが『中紙』と呼ばれるものです!

向かって左から①黄色味の強いアイボリー②白③白地に箔入り④①と同じ色味にゴールド縁

それぞれ紙質はコットン紙でA5サイズになります。金額も種類問わず一律1枚30円です。

②台紙

先程紹介した中紙と重ねる少し厚みのある用紙です。中心部には折り目も入っており、中紙を貼り付けた後でも綺麗に折ることができます!

左から①バーガンディー②チョコレート③ボトルグリーン④ミッドナイトブルー⑤ニューラグリンブルー⑥ニューラグインチェリー⑦黄色味の強いアイボリー⑧白地に箔入り。金額は1枚50円です。

③封筒

封筒は、中身の招待状がどんな色合いでも合うようにシンプルなものを揃えています。

左から①ニューラグリンチェリー②黄色味の強いアイボリー③白地に箔入り④アイボリー地に箔入り

金額は1枚50円となります。

④返信用ハガキ

表裏特に柄のない、無地の白色ハガキをご用意していますので、印刷次第でお好みの雰囲気に作り替えていただけます。

1枚10円になります。


さて、いかがでしたでしょうか??

式場さんへ依頼すると1組あたり平均して500円ほどかかる招待状も、手作りすると1組140円〜作る事ができちゃいます!

自分たちで作るという点では依頼するより手間暇はかかりますが、こだわりを詰め込んだオリジナルの招待状が作れるのは嬉しいですよね。


MAKER Bridal Cafeではお作りされる際に、スタッフがしっかりとサポートさせていただいています。

招待状はお式の前にゲストの元へ一番早く届くプレゼント。

素敵なプレゼントをお届けできるように一緒に頑張りましょう!


こちらの記事を読んで、招待状作りに興味を持たれた方は下記のご予約フォームからカフェ利用のご予約を承っております。お手数ですが必要事項をご入力くださいませ。

【予約フォーム】https://makerbc.com/reserve